あなたの存在の核心には静寂が存在しています。 | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
あなたの存在の核心には静寂が存在しています。
DSC_0114.JPG

”静寂” はラマナからのシンプルなメッセージです。
ラマナはシンプルに生きました。

ラマナと比べてパパジの人生は複雑でした。
一家の主であり会社も経営していました。
そして彼を取り巻く時代環境は非常に混乱していました。
それでもパパジも同じメッセージを送ってくれました。

ここにいる私たち皆の人生はとても複雑です。
私たちは混乱した時代に生きています。
けれどもどれほど複雑な環境にあろうとも、
このメッセージは大変にシンプルです。

" 私たち一人一人の核心に、”避難空間” が存在しています。
それは、どれほど混乱した時代であろうとも、私たち皆の中に常に変わることなく在ります。”

とても重要ですね。

私は世界の皆様との対話の中で、
『これからはもっともっと大変になってくるだろう。』
『これだけでは済まないだろう。』
『これからが正念場だ』
というメッセージをたくさん受け取っています。
実際には最悪の中にこそ深い気づきがあるものですが、
皆様が『大変だ、大変だ!』と緊張しているのが感じられます。

そして、『もっとひどくなる』とか、
『だんだん良くなる』というような事象とは一切関係ないものが見逃されてしまっています。

ですから今日は皆様に、
『これから先どうなるのか』
『良くなるのか、悪くなるのか』
というような将来の展望の一切を忘れてしまうように提案いたします。

今の時代には、だんだんひどくなるという集合体の意識がありますが、
良くなっていくという集合体の意識がある時代があり、
悪くなっていくという集合体の意識のある時代があるというように、
この世界は両側を行ったり来たりするものです。

これから先にどのようなことが起きるかというようなことの一切を忘れ、
今この瞬間に、”開いて” ご覧になるとどうでしょう?
今この瞬間、あなたのハートの核に存在している空間に開いてご覧になると、いかがでしょうか?

たとえ、
どのような現象が起きようとも、
どうなるのだろう、どうなるべきであろう、
というように、あなたの頭の中に嵐のように渦巻いている考えがあったとしても、
あなたの存在の核心には静寂が存在しています。

愛という静寂。
平安という静寂。
それはあなたそのものです。
静寂な気づきの意識です。

様々な事象がこの静寂の空間の中に現れたり去っていきます。
あなたの人生の出来事や歴史が起こり消えていきます。
けれどもこの空間そのものは、どこへもいきません。
常に平安や愛として自らに気づいています。

何も無い静寂ではありません。
満ちている静寂です。
私は、あなた方一人一人の核心に存在しているこの静寂を祝います。

発見や自己調査のポイントはそこです。
ですから、
事象がどのように展開するかに注意を向けるかわりに、あなたの存在の核に ”開く” ようにと、お勧めします。

なぜなら、今の時代からやってきている重要なメッセージは、
”起きるかもしれない出来事に対して、あなたは準備をすることなどできない” というもののように見えるからです。

いかがでしょう?

先日対話をした女性は、投資をしていた会社が突然倒産し財産をすべて無くしました。
もちろん、貯蓄を無くすのはよい事ではないですね。
無くすのは、それがどのようなものでも、私たちにとってよい出来事ではないでしょう。

けれども、彼女はとても美しかったのです。
無くしたが為に、絶対に無くすことができないものがあると気づいたとおっしゃっていました。
そして禅の詩を引用されていました。
『家が燃えてしまったおかげで、月が見えるようになった』と。
彼女はご自分の体験から発見なさったことをお話しされていました。
詩を暗唱されて披露された訳ではありません。

”私たちは、これから先自分に何が起きるのかを、知らない” のです。
最終的にあらゆるすべてが消えて無くなること以外には。

そうでしょう?誰もが皆必ず死ぬのですから。

これが真実です。

この真実と深く出会ったとき、
私たちはもうあれこれ心配しながら生きる必要がなくなるでしょう。
大変だ大変だと緊張し、あちらの世界に持っていけるものや、
死から免れる為の考えを、次々と貯め込んでおくこともなくなるでしょう。

ただ、開く。
そして、いまここに在る空間を発見してごらんなさい。
意識的な空間が、愛、平安としての自らに気づいているのです。

ここにこうして座っていると、
集合体としての皆様の不安を感じます。
けれども私は皆様に、
嵐の中に意識的でいてご覧なさいと、繰り返してお勧めします。
あなたという個がいる限りは必ず嵐があります。 
嵐が無いということはあなたという個も存在していないということです。
生きている限り誰もが嵐の中にいるのです。
でも嵐の中で意識的にいる。
これが本当のご自分に目覚めることです。

これがラマナからの招待です。
パパジが証明してみせました。
あなたも証明してみせるようにと呼ばれています。

そうなるとあなたは、右往左往するかわりに、
集合体という大きな場に平和や静寂という貢献をするでしょう。

時には私たちは、輝くような至福の事象の中で我を見失い、
又、時にはまったく悲惨な事象の中で我を失います。
けれども事象の渦の中で迷子になるかわりに、
いついかなるときにも、
事象の無い空間、
存在そのものの空間に戻ることができます。
これが、私からあなたへのとてもシンプルなメッセージです。

私は、
皆様の人生に起きた出来事や感情を直したり変える為にいるのではではありません。
直すことに反対しているのではありませんし、直せるものは直せば良いでしょう。

ただ、私の役割とは、

たとえどのようなことが起きようとも、
自由や平安や静寂という常に変わらない空間が存在することを、
皆様に指し示すことです。



















静寂 comments(10) trackbacks(0)
Comment








ぴーひょろさん

とても素朴で、基本的なご質問ですね。
記事にはるかの体験を掲載しました。
コメントに心から感謝いたします。

Love,
はるか
from. はるか | 2012/06/14 11:23 |
Luliさん

お礼が遅くなりました。
こちらこそどうもありがとうございます。

ガンガジの対話はとてもシンプルですね。
日常の生活のお役にたつといいですね!

DVD愛と感謝もおすすめです。
愛としての、私たちの本質に深く響く対話で一杯です。

Love,
はるか
from. はるか | 2012/06/01 15:00 |
はじめまして。いつも拝見しています。
はるかさんはガンガジを通して色々と経験してるようですが、質問してもいいですか?
私も色々とやってるんですが、目を閉じて何も考えなくするとボーっとしてきて眠くなり、気づいたら寝てしまう自分がいます。
頭がボーっとしてると意識があまりなく、言われてみれば多少静寂を感じてるのかもしれないですが、よくわかりません。
これがガンガジの言う静寂=真我ですか?
そもそも瞑想しないと感じれないものでしょうか?

参考にはるかさんの体験や気づきなどの話が聞きたいので、お時間あれば教えてください。
お願いします。
from. ぴーひょろ | 2012/05/18 16:29 |
今日、ガンガジの日本語の対話を聴かせていただき
お礼の気持ちをお伝えしたく、この場をお借りしました。
本当にありがとうございました。

from. Luli | 2012/04/09 02:05 |
Michimichiさん

>>優しさ、純粋さにつつまれている

”真実の私” は、ずっと、私たちが戻ってくるのを待っていてくれました。

コメントをありがとうございます。
嬉しいです。

Love,
はるか
from. はるか | 2012/04/05 19:31 |
Rie-rieさん

こちらこそどうもありがとうございます!

ほんとうのわたし、
絶対的な静寂。

美、愛、平安、充足、、、

Love,
はるか
from. はるか | 2012/04/05 19:30 |
Taiheiさん 

ありがとうございます。

源泉にめぐりあえた、、、
まさにそうですね。
私たちはなんてラッキーなのでしょう。

Love,
はるか
from. はるか | 2012/04/05 19:27 |
いつもありがとうございます。

しみました。

優しさ 純粋さに 包まれています。

感謝。


from. michimichi | 2012/04/05 10:38 |
静寂の中から発せられるガンガジのメッセージは、
いつも強く美しく、わたし達を『ほんとうのわたし』へと導いてくださいますね。

ありがとうございます。
合掌。
from. RIE-rie | 2012/04/05 01:11 |
尊いことばを伝えていただき
ありがとうございます。

そして、このような源泉に巡りあえたことに
感謝いたします。

心より

from. taihei | 2012/04/04 16:05 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/115
<< NEW | TOP | OLD>>