愛でありたい | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
愛でありたい
yama.JPG

質問者   静寂と、深い恋愛関係を築きたいです。
うわべだけの関係ではなく、深い関係です。

ガンガジ  あなたの問題だとかアイデンティテーの中でぶれることなく、
本来のあなたでいたいとおっしゃっているのですね。

質問者   その通りです。

ここに来て宣言したいと思いました。
静寂と、深く結びつきたいと。

ガンガジ   これは恋愛です。
あなたご自身との恋愛ですね。

異端であるとして、
自己愛という言葉に悪いイメージをお持ちの方が多いようですが、
あなたが今おっしゃっているのは、純粋な、輝ける自己愛です。

以前、私に向かって
『あなたはとても穏やかに見える』と、
言われた方がいました。
身体の調子が良いように見えるという意味だったのかもしれません。
でも、私の身体は決して快調ではありません。
胃腸の調子が悪かったり、膝が痛かったりと身体的な問題がいろいろあります。
でも、私は、愛の中にいます。
愛の中にいる心地よさがあれば、他の問題などはとるに足りません。

ですから、
本来のあなたで在る というのは、恋愛関係と同じだと申し上げるのです。
究極の恋愛です。

あなたが今おられる、まさにそこから始まります。
私たち皆にとって、
全く条件なしに自分自身を愛するのは、大変難しいですね。
最大の難関です。

あなたが自分を無条件に愛すると、
とても自然に、周りのすべての方々の中にあなた自身を発見するでしょう。
そうなると、あなたは、
誰かにあなたを愛してほしいというような見返りを探さなくなります。
愛されているからです。愛の中にいるからです。

聖なる結婚です。
意図することが必要です。
なぜなら、
あなたをこの恋愛から遠ざけようとする誘惑が大変多いからです。
たとえば、
自己嫌悪、無価値観。
『覚えているだろう? 自分がどんな人間かを。』
『また怒り狂ってしまったから、自分は愛に欠けた人間だ。』
『嫌なことを考えているから、自分は愛なんて語れない人間だ_』
このような、おなじみの考えが次々とやってきます。
まるで、昔の恋人が何度もやって来て、
「暗がりに戻ってきてよ。」と言っているようですね。

(笑い)

愛でありたいという意志。。。
秘密ですからお話ししたことはありませんが、

徹底的に愛でありなさい。

本当は愛と離れていることなんてできません。
愛の中に溶けてしまえば、愛とあなたの間に隔たりはありません。
深く抱かれれば、愛とあなたは別々ではありません。

あなたは愛そのものです。

質問者   素晴らしい知らせです。

ガンガジ  驚くような素晴らしい知らせですね。

愛がなければ、真理に価値などあるでしょうか?
愛がなければ、自由に価値などあるでしょうか?

愛は真理そのもの。
愛は自由そのもの。

質問者  でも恐ろしいです。
もし完全に愛であろうと意図をしたら、これまでの私の人生で得たすべてを失ってしまうのではないかと。

ガンガジ  その通り。
失うでしょう。

質問者   えっ? 

失うのですか?

ガンガジ  ですから、
今のうちに無くしてご覧なさいと申し上げているのです。
ずるずると先延ばしせず、今、無くしてご覧なさい。
何もかもすべてを、ここで今無くしてご覧なさい。
全部です。

それでもきっと、
こっそり蓄えておきたい何かがあるでしょう?

それも捨ててしまいなさい。

もちろん恐ろしいでしょう。
愛は破壊力そのものですから。

質問者   すべてを無くしたら、その時私は純粋な輝ける愛なのですね!

ガンガジ  その時あなたがどうなるかなんて、わかりません。
あなたがどうなるかなんてわかりませんよ。

質問者    ええ??

ガンガジ   気が狂った女となって、そのへんの通りをうろついているかもしれませんよ。

質問者    ああ、そうかもしれないと思いました。

(笑い)

ガンガジ   誰にわかるでしょう。あなたがその時どうなるかなんて。

ですからね、ここで重要な問いは、

その時あなたが、人にどう見られようが、
どのように思われようが、どのようなレッテルを貼られようが、
たとえ自分として機能することができなくなったとしても、
そういうことのすべてよりも、この愛が大事かどうか。。
なのです。

残酷な質問ですね。

質問者   。。。。

ガンガジ   恐れが沸き起こりますね。
でも、この恐怖を正直に見るのは重要です。

なぜなら、
この恐怖が私たちを、
『自分が危なくない程度の、ほどほどの愛』に留まらせてしまうからです。
自分が危なくない程度の愛で満足しておけば、
自分のイメージを保ち続け、機能していくことができますからね。

けれども、私たちに多くの贈り物をくれた人々を見てみると、
この人々は皆、何もかもを捨て、常軌を逸するほどに  ”愛した”  人々なのです。

最高の詩人、歴史上の偉大なる教師たち。
完全に愛に委ねた人々です。

「そうか、なるほどね。それじゃ、自分もやってみよう。」と、
都合の良いところだけをまねたり、つまみ食いして、
ほんのちょっとだけ愛いそうと、、、ふつうはそうですね。

でもあなたはここに出ていらして、
あなたの人生のすべてを、愛に捧げるとおっしゃいました。

完全に、愛で在りたいと。

そうですよね?

質問者    (うなずく)
この場でお話ししたいと思いました。

ガンガジ   サポートしましょう。

無慈悲で、、素晴らしく、、冒険的で、、
想像を絶した道です。

質問者    ええ。垣間見たことがあります。

ガンガジ   もちろん、そうでなければ、
そうしたいとはおっしゃらないでしょう。

質問者    ありがとうございます。
 











 comments(16) trackbacks(0)
Comment








仲井真哲也様

コメントをお送りくださりどうもありがとうございます。
ガンガジの話がお役に立つといいですね。

Love,
はるか
from. はるか | 2013/02/06 17:28 |
ありがとうございました。
from. 仲井真哲也 | 2013/02/05 21:28 |
本間さん

コメントをお送りくださりどうもありがとうございます。
訳を喜んでいただきとてもうれしいです。

Love,
はるか
from. はるか | 2013/01/14 15:30 |
ゆりさん

コメントをありがとうございます。
シェアーをしてくださり、心から感謝いたします!

Love,
はるか




from. はるか | 2013/01/14 15:29 |
Aさん

コメントを送ってくださりどうもありがとうございます。
喜んでいただきとてもうれしいです。

Love,
はるか
from. はるか | 2013/01/14 15:29 |
あけましておめでとうございます。
新しい訳、ありがとうございます。
嬉しく読ませていただきました。
from. 本間郁美 | 2013/01/10 14:23 |
これほどまでに愛の本質を突いた文章を読んだのは初めてです。
感動で体中がビリビリしています。

私も「何もかもを捨て、常軌を逸するほどに」愛でありたいです。

いつもありがとうございます。 
from. ゆり | 2013/01/04 22:42 |
ひさしぶりにのぞいてみたら、
新しい年のはじまりにふさわしいメッセージで
とてもうれしくなりました。
いつもどうもありがとうございます。
from. A | 2013/01/04 04:30 |
Taiheiさん

こちらこそ、メッセージありがとうございます。

いつもお読みくださりどうもありがとうございます。

All love,
はるか
from. はるか | 2013/01/03 17:00 |
まつたけさん

こちらこそ!

喜んでいただきとても嬉しいです。
メッセージをお送りくださり感謝いたします。

All love,
はるか
from. はるか | 2013/01/03 16:58 |
カエさん

ブログをみつけていただき幸いです。

体験をシェアーしてくださったことに心から感謝します。

それから、翻訳を気に入ってくださったとのコメント、
うれしいです。ありがとうございます。

Love,
はるか
from. はるか | 2013/01/03 16:58 |
RIE-rieさん

素敵なシェアーをしてくださり、どうもありがとうございます。

コメントをお送りくださり心から感謝します。

All Love,
はるか
from. はるか | 2013/01/03 16:56 |
はるかさん、あけましておめでとうございます!

いつもガンガジさんの素敵なお話を翻訳してくださってありがとうございます。

今回のお話もとても心に響きました。

今年もよろしくお願いします。今年も素晴らしい一年になりますように。
from. まつたけ | 2013/01/03 03:30 |
新しい時代の、新しい日に素晴らしいメッセージをいただきました。
ありがとうございます。

皆が愛の中に生きていかれますように。


from. taihei | 2013/01/02 17:19 |
明けましておめでとうございます。
2か月ほど前、こちらのブログに辿り着きました。読みながら、どんどんと呼吸が深くなって行きました。
子供の頃の感覚や、昔、病気で地獄のような日々だった頃に感じたこと等を、思いだしたりしました。

今も、ちょっと体調を崩していますが、病気にも、こちらのブログに出会えたことにも、感謝しています。

ガンガジの表現がとても好きですが、はるかさんの美しい日本語訳も、とても素敵です。何度も読み返したいです。
from. カエ | 2013/01/02 16:25 |
あけましておめでとうございます。
新しい年に、今回もまた、素晴らしいメッセージをありがとうございます。

>なぜなら、
>この恐怖が私たちを、『自分が危なくない程度の、ほどほどの愛』
に留まらせ
>てしまうからです。

そうです。
全くその通りなのです。
恐る恐る、じわじわとでしか、愛に浸ることのできない自分がいます。

『愛と結婚』…わたしもそうしたいです。
from. RIE-rie | 2013/01/02 07:39 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/132
<< NEW | TOP | OLD>>