概念がやってくるたびにただ手放す | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
概念がやってくるたびにただ手放す


質問者   長年スピリチュアルな道を歩んできたのですが、どうも今ひとつです。
何かがずれてしまっているような感じがしています。

あなたはさきほど、神を捨てる、ということに言及されました。
心に響きました。
でも、ぞっとします。

これまですがりつづけてきた信念を手放すなんて、
自分の居場所もなにもかもすべてを無くしてしまうようで、大変に恐ろしいです。
本心ではそれを望んでいるのを知っているように思えますし、すぐにでも飛び込んでみたい気はするのですが、

ガンガジ  それはいいですね。
概念を捨てるのです。

質問者   私はあまりにもたくさんの概念にがんじがらめになっています。

ガンガジ  どこにありますか? あなたががんじがらめになっている概念というのは?

どこにも見えませんよ。
『あまりにもたくさんの概念にがんじがらめになってしまっている』というひとつの文章にすぎません。

手放してはいかがでしょう。
それがもともとやってきた空へと返しなさい。

どれだけ多くの物語が
私は概念にがんじがらめだという、その文章の陰に蓄積されていることでしょう。
 
何も無い空間へと手放してご覧なさい。

そうすると、今ここには何が在るでしょうか?

質問者   。。。。。

静かです。
静寂があります。
何も動いていないような。

ガンガジ   すばらしいですね。
そこから始まります。

考えがひしめきあっていましたが、
『もうたくさんだ』とあなたはおっしゃり、スイッチをオフにしました。

せっかくオフにしたのですから、
またオンにしてしまわないように、常に意識的でいてください。

ふつう私たちは、
ねむっているときはオフですが、
目が覚めるとわざわざオンにしてしまうのです。

起きているときにも意識的にオフにしていてご覧なさい。

質問者   興味深いのですが、、、

ガンガジ  静かにしていてご覧なさい。 。。

質問者   とても興味深いのは、、、

もし私が神を手放したら、誰が私を創造するのでしょうね?
神が私を創造したのですよね。

ガンガジ   神は、あなたに創造されなければなりませんでした。
概念として。

質問者  でも、

神を手放したら、
私はいったい誰に祝福されるのでしょう。
誰に奉仕をしたり、
誰にお願いをしたり、
許しを乞うたりすればいいのでしょう?

無にはあこがれますが、
これまで信じてきた概念を手放してしまったら、私が消えて無くなってしまうかもしれません。
それが怖いです。

ガンガジ   まさにその通りです。
何よりも深い恐れです。自分が無くなってしまうという恐れは。

ですから私たちは、向き合わずに概念を作りつづけるのです。
心地良い諸々の概念。
そして無という概念、というように。

私たちには心地よさが必要だったのです。
真実を発見する準備ができるまでは安心感が必要だったのです。

私にとって日曜学校は必要でした。
真に解放されたいと望むまでの間、それには役割がありました。

ですからね、
準備が整う、という条件が必要なのです。

でも、
あなたがここにおられるのは、準備ができているからです。

私の話をただ受け入れずに、
ご自分で調べてください。

あなたが、あらゆる概念を手放した場合、
どうなるのか。

二度と概念が戻ってこないわけではありませんから心配はご無用ですよ。
概念は必ず戻ってきますから。

(笑い)

あなたがそうしなくても、誰かがあなたに概念を押し付けるでしょうし、
概念化するという選択は、私たちはいつでも簡単にできるのです。

(大笑い)

ですからね、そのことはご心配なさらずに、
今、ここでやってみていただきたいのは、

何らかの概念、
例えば
神という概念、スピリチュアルという概念、
あなたという人物に関する概念、他の誰かに関する概念、というように、
あらゆる概念がやってくるたびに、ただ単に、手放してごらんになるのです。
『ダメダメ、概念を持ってはだめだ』と、ご自分を裁くようにと申し上げているのではありませんよ。

それが元々やってきた空間へとただ解き放してしまうのです。
今日の午後のいっときだけでもよいですから、
実験してご覧なさい。

















手放す comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/133
<< NEW | TOP | OLD>>