私をやめるのは可能でしょうか /私を引き起こす為に一体どんなことをやっているでしょうか | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
私をやめるのは可能でしょうか /私を引き起こす為に一体どんなことをやっているでしょうか

ガンガジ   私は、パパジに出会うずっと前、瞑想をしていると広がる空間や、自分のことも他人のことも何も考えずに過ごせる時間を、完璧な現実であると感じていました。

パパジに出会った後も、何時間もパパジの前に静かに座っていると、とても祝福された気持ちになりました。

愛する人と一緒の時や自然の中で過ごしている時にも、そのようなことが起きましたが、特に瞑想は、自分を特別な瞬間に置く為の道具のように思えました。


ところがある時パパジに、自由になる為にはどうしたら良いのかと尋ねますと、彼は、「なにもするな」と言ったのです。


「えっ? どういう意味? なにもするなって?

瞑想や、マントラを唱えるというような、ある種の訓練以外のことはするなという意味ですよね?」


その頃の私は、瞑想の他にマントラも熱心に唱えていましたから、

私がそのように尋ねると、パパジは、

「なにもするな。君がやっていることのすべてをやめるんだ」と言いました。


そう指摘されると、見えてきたことがありました。

そういえば私は、瞑想を ”やって” いました。


つまり、瞑想している時、

「今日の瞑想はうまくいったわ。」とか、

「いつもはもう少しちゃんとやっているのに、今日は全然だめだわ。」

という具合に、うまく行ったときは至福で満たされましたが、うまく行かなかったときはそうではありませんでした。


明らかに、自分の本質を得る為に、”私” が何かを ”やっている” のでした。


パパジは、世界中の国々からやってくる、瞑想の達人たちに会っていましたが、

「真実を得る為に重荷を作り出しているだけだから、努力をするのをやめなさい。全部忘れてしまいなさい。」と私に言いました。


「君は何かを ”得よう” としているね。

ということは、本当の自分自身を、本質とは別物だというように考えている訳だよ。本来の自分自身を見いだす為に、何かをしなければならないというのは大間違いだ。」と。


パパジが、身体や精神や感情、そして世界に対する瞑想の効用を否定していたという訳ではありません。


彼は、真理はある特定の状態の中にしか存在しない、というように、私たちが限定してしまっていると指摘したのです。


瞑想の状態にあるときだけ真理が存在する、

と限定すると、私たちは真実を見失ってしまいます。


パパジは時々私たちをインドの市場に連れて行きました。

市場は、臭いや喧噪が強烈で、まったく聖なる場所のようではありません。私は、すぐにでもパパジの部屋に戻り、静かに瞑想をしたいと思ったものでした。

しかし、彼は、

「市場だって、同じなんだよ」と、言うのです。


そして私が、アメリカに帰国するとき、

こんなにも素晴らしい場所を見つけたというのに、もう帰らなければならないなんて、と嘆くと、

パパジは私に、

「どんなことをすれば、本質から逃れることができるのかなあ?」

「本質から離れられるのかどうか、君は自分で見いださなければならないね。」と言いました。


その後私はインドを去り、アメリカへ帰ってきた訳ですが、

自分の家の居間で、インドでの生活や、パパジの前にいつも存在していた恩寵を恋しく感じていました。

ところが、そのような時に私は、

「一体どんなことをすれば 本質から逃れられるのか」と、パパジが語りかけるのを聞いたような気がしました。


彼は、「 ”それ” を得る為には何をすれば良いか。」とは言いませんでした。

「一体どうしたら、それからのがれることができるのだろうか」と言ったのです。


”それ” を ”得る” ためには、”私” が何かをやる必要があります。

あるときは正しい、あるときは間違っているというように、

私がいろいろなことを考えたり、考えないように ”したり”、

行動したり、しないように ”する” ことで ”私” がどんどん養われ肥大していきます。


”私” が何かを ”する” のをやめる

というのは大変に重要なポイントです。

”私” を ”やめる” のです。


私が何かをするのをやめたら、どうなってしまうのかとても不安ですね。

植物人間になるかもしれないと思いました。

私を放棄すると、ちゃんと選挙ができなくなるかもしれない。(笑い) 

そんなふうな恐怖がありました。


でも、やってみようという意志がありました。

皆様の中にもそのような意志が見受けられますから、こうやってお話をしているのです。実際にやってみて、どうなるのかを確かめてみていただきたいのです。


静寂な瞑想の中で、もし ”私” が現れているのでしたら、それをやめればいいのです。

この集会が終わり、通常の生活に戻ったときにこそ、自分をやめてみたらいかがでしょう。


ラマナと、パパジの教えの根本は、

変化しないのは何か、を見いだすというものです。

わき起こったり消えたりしないのは何か、

を見いだすのです。

私たちが行っている会話は、いつもそのことについてです。

ここに静かに座っているのは、

”決して変化しない それ” を見いだす為です。


私たち人間は、会話をする動物です。

社会と、そして自分の内でも会話をしています。常にコメントを語っています。

そのこと自体に問題がある訳ではありません。

人間の生活を営む為の脳の機能です。


けれども、会話が現実であると勘違いしてしまうと、不必要な苦しみが生まれます。


ですから、私は皆さんに、実験に参加していただきたいのです。

教義だとか、訓練だとか、私がそう言っているからというのではなく、

”幸せな瞬間も、不幸せな瞬間も、ありとあらゆる瞬間に、自分をやめるのは可能であるかどうか” という実験です。


自分が現れるのをやめるのは可能であるかどうかを、ご自分で発見してください。


昔、あるグループのワークショップに参加したとき、特殊な能力や力を養う訓練や、考え方の練習をしたことがありましたが、

たった今、ここでは、それらのすべてを放棄し、自分をやめる実験をしてごらんになっていただきたいのです。

実験的にやってみていただきたいのです。


人間には、自然に好奇心がそなわっていますが、私たちはそれを否定するように育つことが多いですね。

特定の何かに従い、ある特別の文化や宗教の教えをひたすら信じ、そのようにして私たちは縛られます。

でも、縛られる必要などありません。

自由はもっと深いところに存在します。自由は、あらゆるすべての瞬間に、

”今ここ”にあります。


やってみようという意志を皆と分かち合うことは、創造以上に大きな、新鮮な発見につながる可能性があります。

しかしそれがどれほど大きいのかと想像することすらやめ、人間として生まれたが故に備わった力を一時的に凍結し、検証をするのです。


検証とは、問いかけです。

今日の私からの皆様への問いかけは、

”私” を引き起こす為に、一体どんなことをやっているのか、というものです。


たったいま、”私” をやめたならどうなるのか。


本来の私とは何なのか。

それを知るには一瞬で十分です。

いかがでしょう。

やってみてごらんなさい。


私はここにいて、教義をお伝えしているわけではありません。

皆と出会い、ほんのちょっと格闘していますが(笑い)

挑戦してみるようにと促しているのです。


あなたの心の内側で何が起きていようが、外側でどのような出来事が起きていようが、常に変わることなく、今ここに ”在る” のは何かを、見いだしていただきたいのです。

自由で、いきいきとして、愛に満ちた、”それ” を見いだしていただきたいのです。

お伝えしているのは素晴らしいお知らせなのです。


あなたの人生は、命の源から離れてはいません。

私という感覚は、すべての生き物の中にありますが、命の源から離れている訳ではありません。

私の話していることは抽象的なことではありません。

あなたの人生をあなたがどう生きるかについてお話ししているのです。

そしてあなたの体験を、皆と分かち合ってください。

















決して変化しないのはなにか comments(19) trackbacks(0)
Comment








はるかさん

丁寧なお返事を頂きありがとうございます(^^)
はるかさんからの返信、とても嬉しく、また興味深く読ませて頂きました。

クレイターレイク。
米国で一番深い湖。

湖底は常に静寂、というのを伺って、ああ、とすごく腑に落ちる感覚がありました。

言葉にすると端からこぼれてしまうような気がするのですが、
「本来の自分自身」も、風で表面が波立とうと、その底は常に静寂、ですね。

自然や芸術、それから、はるかさんやガンガジの言葉が示してくれる道しるべ。
いつも、記事や写真を通して「ここだよ」って導いてくれている気がします。
美しくて、とても優しい響き。
響きに耳を澄ませるのは、私にとって何にも代えがたい時間です。
いつもありがとうございます(*^^)
心から。
from. aki | 2015/04/20 21:21 |
これはコメント投稿のテストです。コメント投稿をテストしています。
from. テスト | 2015/03/10 11:51 |


akiさま  こんにちは。

この写真は、米国のオレゴン州にある、クレイターレイクです。
2014年の6月の末に撮りました。
とても好きな場所です。

この湖は、紀元前4860年頃の噴火でできたカルデラに、雨水や雪解け水が溜まってできました。
流れ込む川も、流れ出る川もありません。
米国で一番深い湖で、湖底は常に静寂です。
夏はいつもこんなふうな蒼です。

自然の中には、私たちが本来の自分自身へと還る旅の道しるべがあふれていますね。

対話とともに、写真もお役に立ち幸いです。
コメントとても嬉しく拝読いたしました。
どうもありがとうございます。
はるか
from. はるか | 2015/03/10 10:42 |
これはコメント投稿のテストです。コメント投稿をテストしています。
from. テスト | 2015/03/10 10:38 |
この記事の写真の澄んだ青がとても好きです。

眺めていると、静寂を感じます。

外国のように感じるのですが、どちらの景色ですか?
はるかさんが撮影された写真でしょうか。

ガンガジの言葉とともに、美しい写真にもいつも心動かされています。
はるかさん、ありがとう(*^_^*)
from. aki | 2015/02/25 14:57 |
RIE-rieさん

やめようとする努力を手放してご覧になるのはいかがでしょう。

実際には、

ただ止まり、
無に留まっている、”間” というのは、一日に何度もあります。
誰にでもあるものです。

ふと、夕焼けに目が奪われたり、
足元に小さな花を見つけたり、
笑っているときかもしれません。
意識的に、”間” に、気づいていないだけです。

見いだそうとがんばるのをやめてみる。
お散歩でもして、深呼吸をしてみる。

自分でどうこうしようとコントロールするのをあきらめると、
いつのまにか向こうからやってきます。

いったいいつ、どんなふうに?と
思考で理解しようとしても、真理は思考でとらえることはできません。

RIE-rieさんという個性には、
いつどんなときにも失われずに、
見いだしたいという切望があったのですから、
その、聖なる切望そのものを信頼し、
あとは、まかせていれば大丈夫です。

Love,
はるか

from. はるか | 2014/10/07 11:03 |
葉っぱさん  こんにちは

難しいなあ、という ”考え” がやってきたわけですね。

考えは、やってきては消えていきます。
抵抗せず、分析せず、解説せず、いい悪いと決めつけず、
ただ目撃するだけ。

実験してみてくださいね。
やってくる考えを、いちいち取りざたせずに、無関心でいれば、
消えていきます。問題は何も起きません。

感想をお寄せくださりどうもありがとうございます。

はるか
from. はるか | 2014/10/07 10:19 |
Lotusさま

>>肩から重荷がするするおりていく

私を手放すと、一瞬で軽くなりますね。
訳がお役に立ち幸いです。
感想をおおくりくださりありがとうございました。

はるか

from. はるか | 2014/09/30 09:26 |
シマリスさん

体験を皆様と分かち合ってくださり、心から感謝いたします。
きっと、ベストなタイミングで、お読みになったどなたかの役に立っていることでしょう。

いつも自然に開かれてい存在している ”気づき” の発見は、大きな解放ですね。

深い安息ですね。

訳がお役に立ち幸いです。
感想をお送りくださり大変嬉しかったです。
ありがとうございます。

はるか
from. はるか | 2014/09/30 09:21 |
ひすい庵さま

そのとおりですね!
感想をお送りくださりどうもありがとうございました。

はるか

from. はるか | 2014/09/30 09:16 |
ユミエさん

必要なときにちゃんとやってきますね。
ユミエさんの心に響き幸いです。
感想をお送りくださり、どうもありがとうございました。

はるか
from. はるか | 2014/09/30 09:15 |
GAさま

どうもありがとうございます。

はるか
from. はるか | 2014/09/30 09:08 |
『やめようとする』わたし。
『止まろうとする』わたし。
『このわたし』を止めるのは、誰なのでしょう。
どんな力(意識?)が、『このわたし』を止めてくれるのでしょう。

疲れました…。
頭が、疲れきっています。
『いま、ここに在るもの』を見出だすことができません。
from. RIE-rie | 2014/09/27 00:24 |
ガンガジさんが教えて下さっていること、ほぼ頭ではわかるように感じます。それがすべて真実であることも信じられます。“私”をやめること、実践しよう、としています。ただ、日々、それって、難しいなあ。。と感じること多々あります。。でもあきらめずに。。その感じたことも、そのままに。。でしょうか。
貴重な翻訳を読ませて頂いてありがとうございます。
from. 葉っぱ | 2014/09/10 09:03 |
いつも更新されるのを心待にしております。
そして、いつも、その時抱えている形や言葉にならない思いを、ガンガジの言葉がピタリと表現してくれています。

今回も、深くリラックスしていくことができました。

本質から逃げるにはどうしたらよいか…
私をやめる…

肩から重荷がするする降りていくようでした♪


はるかさんには
心から感謝いたします♪
ありがとうございます♪

from. lotus | 2014/09/01 21:15 |
はるかさん

エックハルト・トールの本を読み非常に感銘するものがあり、次第にガンガジの存在も知り、このサイトに出会いました。

私はつい最近まで、まさに「必要」の幻想にとりつかれて、恐怖や迷いに翻弄されて生きていたように思います。これを手に入れればどうにかなるはずだ、あれを持っていないから自分は満たされないんだ、…そのような会話を頭の中で繰り返し、それに伴う恐れや不安に追われるように生きていました。

そして約一年前、そのような生き方に限界が来たのか理由は定かではないですが、ガンガジの言う「空」「無」のような何も存在しない意識を体験し、「自分の身に何が起きたのか知りたい」「もう一度あの状態に至りたい」と思い、本や動画を探していました。所謂スピリチュアルな本を色々読んでいて知りましたが、まさに典型的な探求者の体験であるようですね(笑)

そして、パパジやガンガジを始めとした人々の言葉のおかげで、「いつも存在している気づき」そのものになっている時間が少しずつ増えてきたように思います。何より、自分が自らの魂に興味を持つようにになった要因である「自分の体験」を信頼できるようになりました。

本当の私になるためには、何の努力もしないでいい。あるいはその実験を今だけでいいからしてみる。

そんなガンガジの言葉を届けてくださって、はるかさんには心から感謝をしています。本当にありがとうございます。
from. シマリス | 2014/08/31 01:24 |
>「どんなことをすれば、本質から逃れることができるのかなあ?」



「今ここ」が、まさにそうですね。

「今ここ」を探し、「今ここ」に辿り着こうとする人がいますが

「どんなことをすれば、”今ここ”から逃れることができるのかなあ?」

ですね。
from. ひすい庵 | 2014/08/30 11:10 |
久しぶりの更新、とても嬉しいです。

今回のお話は、今の自分にとても響くものでした。
なぜなら私もここ最近、静謐さと繋がっているために世間と距離を取りたいと思っていたところだったからです。

読ませて頂いて、愛の大きさに涙が流れました。
大きな感謝の気持ちに包まれました。

離れてはいないんですね。
この、美しさそのものに、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。


from. ユミエ | 2014/08/29 20:02 |
 ブログ拝見しています。
from. GA | 2014/08/29 19:04 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/142
<< NEW | TOP | OLD>>