人々が言う悟りとは、一体どのような意味なのでしょうか? | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
人々が言う悟りとは、一体どのような意味なのでしょうか?

 

質問者    馬鹿げた質問のようにも感じますが、明確にしたいのでおうかがいします。

 

言葉の問題なのかもしれませんが、

人々がいう、悟りとは、どういう意味なのでしょうか?

 

ガンガジ   私にもまったくわかりません。

 

(会場爆笑)

 

多分、彼らが欲しい何かのことでしょうね。

 

彼らが考える、なりたいもののことではないでしょうか。

 

神だとか、真我だとか、真理だとか、

自分が欲しいものの投影でしょう。

 

もしもあなたが、

この悟りという言葉を、無知という言葉と共に手放し、

また、目覚めという言葉も、眠りという言葉と共に手放し、

単に、ゆだねてご覧になるならば、

真実のあなたは、もうはじめからそこに在ったことがおわかりになるでしょう。

 

言葉には両極があります。なぜなら、マインドはそのように物事を見るからです。

ですから、そのどちらをも手放してご覧になることです。

 

悟ることもなく、眠ることもなく、ただ、そのままでいてご覧なさい。

そうすると、いかがでしょうか?

 

それが無心ということです。

 

私がみなさまと行っているのは悟るための訓練ではありません。


私が皆様に指し示しているのは、ただ単に、ここにあるのが、何なのか、

ずっと前から、常にここにある『それ』は何なのかの、自己検証です。

 

眠りを恐れたり、悟りを希求したり、

幸せを追求したり、惨めさを恐れたり、

不死を求めたり、死を恐れる、というように、

どのようなものであれ、逃げたり、求めたりすることで、

あなたは、もうすでにここにある大切な何かを見失ってしまいます。

 

それは、広大無辺な叡智です。

そしてそれが、すでにここにあります。

 

質問者    ありがとうございます。私の疑問が解決しました。

悟りというと、最終的に、自分というものがすっかり無くなってしまう状態のことなのかと思っていました。

 

ガンガジ   そのように定義づけている人々もいらっしゃるかもしれませんね。

 

質問者    目覚めても、そのもっと先に何かがあるような気がするのですが。

 

ガンガジ   その通りです。

先が、どこまでもずっと無限に広がっています。


完璧な目覚めがあり、その先に、もっと深い目覚めがあり、もっともっと深い目覚めがあり、まだまだ深い目覚めがあり、という具合に、延々と広がっています。

 

ニサルガダッタのことが書かれた記事を読んだことがあります。

今日、たまたまここに、彼のお弟子さんがいらっしゃるようですので、

思い出しましたが、

死に際、彼はこのように語ったそうです。

 

「私がこれまでに語ったことはすべて忘れてくれ。

微塵も語ってはいなかった。

表面にほんの少し触れた程度だった。」

 

(笑い)

 

まさにその通りですね。

 

そして、なんて素晴らしいのでしょう。

「よし、ゴールイン。もうこれでおしまい。」

ということがないのですから。

 

無限な可能性があります。

 

手放し、捨て去り、ゆだね、発見し、なにもわからずに、いる、

そして、存在の本質として、在る、という無限の可能性です。

 

ただここに在ることへの無限の可能性があります。

 

そうしてみた時、この無限さの中で真実の自分自身を発見することに比べて、

「『私』が何かになる」ことに夢中になるということが、

いかにちっぽけであるかがおわかりになるでしょう。

 

『私』は、かわいらしくもあり、哀れでもあるかもしれません。

でも、存在の本質を発見するという広大さに比べたら、本当にちっぽけです。

 

あなたは、『今ここにいる』ことを、こよなく愛しているとおっしゃいましたが、

その通りです。

 

たしかに、初めは勇気が必要でしょう。

例えば、恐怖だとか、おなじみのパターンの感情の中に飛び込む、

というような、進んで何かをする勇気が問われます。

でもその後は、あなたがおっしゃったとおり、勇気がどうのこうのというようなことではなくなります。

 

『豊潤な命そのもの』が、自ら意識的に生き、

マインドの傾向や制限や価値を見直し、手放し、

そして無限に深まっていくのです。


限りない感謝ですね。


これほどに大きな神秘があるでしょうか。




 

 

 

 

 

 

 

 

目覚め comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/52
<< NEW | TOP | OLD>>