理由を探すのをやめ、何もわからないままに生きてごらんなさい | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
理由を探すのをやめ、何もわからないままに生きてごらんなさい


質問者   私には双子の姉妹がいます。

そのことを大きな祝福だと感じるのですが、同時に災いのようにも思えます。

 

なぜなら、

 

私たちはお互いを完璧に知っているので、そう思うのですが、

 

彼女とのこの親密感は、とても早い時期、

母が受胎したときから始まっていて、子宮の中でもう既に育まれていたのです。

 

この深い親密感について今まではあまり考えた事がなかったのですけれど、

 

最近それを、他の人たちに理解してもらう必要を感じています。

でも、そのような親密感を知っている人はほとんどいません。

 

理解してもらえないのです。

私と姉の関係の深さを。

 

ガンガジ   私たちは、最終的には皆、双子の姉妹なのではありませんか?

 

質問者    え??

 

ガンガジ   私たちは皆、 最終的には双子ではないでしょうか? 

 

始まりと終わりにおいて。

 

質問者    ああ、なるほど。

 

ガンガジ    私たちは生まれ、ばらばらになります。

あなたたち、双子の姉妹のように。

 

質問者    私たちはバラバラではないのです。

私たちはくっついたままです。

 

ガンガジ   あなた達は、くっついたままではないでしょう?

双子には、実際、くっついたままの方もおられますが、あなたはそうではないですね。

 

質問者    私たちは違う形ですが、それがとてもつらいです。

苦痛です。

 

ガンガジ   そうですね。

 

質問者    最近私は、最悪の経験をしました。

 

ずっと一緒に生き、一緒に死ぬはずだというのに、

人生は、そのようにはなっていないという事を知りました。

 

大変落ち込みました。

 

ガンガジ   その通りですね。

ここにおられるすべての方にとってもまったく同じです。

 

あなたは双子の姉妹をお持ちですから、拡大されて見える訳です。

でも、ここにいる私たちのすべてがそうです。

 

同じところから始まり、終わりも同じです。

 

中間では、ある種の個が生じます。

 

でも、中間で、個という必要性の中にあって、同一なのは何でしょう。

あなたがお話しなさっている親密感のことです。

 

質問者    私が恐れているのは、

彼女を失い離ればなれになることで、

親密感に接する機会を失ってしまう事です。

 

ガンガジ   あなたは、彼女を既に失ってしまったのですね。

そうではないですか?

 

質問者    (うつむいて) はい。。。。。。。

 

わかっているんです。

 

失いました。

 

ガンガジ   では親密感はどこにあるのでしょう?

彼女を失い、親密感はどこに行ったのでしょうか?

 

質問者    。。。。。。?

 

ああ、

 

ここです。

 

(質問者、自分の胸に手を置く。)

 

私の胸にあります。

 

ガンガジ   (ニコニコしながら、)

その通り。

 

そこにあります。

ですから、それでもあなたは彼女を失ってはいないのです。

 

ただ、以前と同じではないだけですね。

 

前とは違い、

今という、

 

あるがままですね。

 

質問者   私たちはこれまでずっと離れたことがありませんでした。

あれも、これも、一緒にやってきました。

 

それなのに、急に、、、、。

 

ガンガジ   よろしいですか。

 

私が今お話ししているのが、

あなたと、あなたの双子のお姉さんのことではありません。

お分かりになるでしょうか?

 

私は、

あなたと、すべての方々との関係のことをお話ししています。

 

普通の人間関係では、違いが多くありますからそれほどにはお互いが反射されません。

お互いの相違が見えます。

 

あなたとお姉さんは双子の姉妹なので、お互いが反射し合って関係が拡大されています。お互いが同一であるように見えるのです。

 

でも、私がお話ししているポイントは、

皆同じだという事です。

 

おわかりでしょうか?

 

私とあなたは双子。

 

ご存知でしたか?

 

質問者   (ガンガジを見つめてうなずく)

 

ガンガジ   私たちは、皆、双子なのですよ。

ただ、見た目が異なっているだけです。

 

質問者   (ほほえみながら)

 

そうですね。

 

わかるような気がします。

 

ガンガジ   会場を見回してここにいる皆様をよくご覧なさい。

 

同じであることが見えます。

 

『同じだ!』と力まずに、

ただ、ご覧なさい。

 

質問者   私の中に恐れがあります。

 

他の人とは、親密にかかわれないのではないかという。

 

ガンガジ    たった今はどうでしょう?

この瞬間、親密な関わりはここにはないのですか?

 

たった今です。

 

質問者    あなたとの親密さを感じます。

 

それから、(会場をゆっくり見回し)

 

ここにいらっしゃる方々とも親密な関わりを感じるのですが、

でも、、、

 

ガンガジ   ではなぜ、恐れるのでしょう?

 

おなじみの、古いあなたの物語ではありませんか?

 

それは、ここにたった今ある現実とは、全く関係がありません。

 

質問者    ええ。それはわかるのですが。

 

ガンガジ   会場の皆さんを、ご覧になって見てください。

 

ほら。

あなたご自身で、よくご覧になるのです。

 

質問者   ええ。

 

(会場を見回し)

 

親密さがあります。

 

ガンガジ   そうでしょう?

 

質問者    ええ。

 

もう、生きていけるわ。

 

(爆笑)

 

ガンガジ   そうでしょう。

 

質問者    。。。

 

簡単なのかも。。

 

ガンガジ   そうです。

 

質問者    私は自分で自分を、人から引き離していたのですね。

 

家に帰れば、双子の姉がいてそれだけで満足でしたから、

他の誰とも、親密になる必要もなかったのですから。

 

ガンガジ   その通り。

 

素晴らしい幸運がやってきましたね。

今、できますね。

 

質問者    はい。できます。

 

ガンガジ   あなたの双子のお姉さんを、ここに探さなければなりません。

ここにも、そこにも、いらっしゃいます。

 

あなたは、似ている人を捜す必要も、

同じ意見を持った方を捜す必要も無いのです。

 

理由を探すのを止めてご覧なさい。

 

ただ、愛あるのみ。

 

ただ、開いてご覧なさい。

 

そうしたとき、

関係がどうあろうと、

全くそのようなことは問題ではなくなります。

 

もっと深遠です。

 

失う事の悲惨さを見るのも、歓びとなるのです。

 

質問者   はい。

なくすのは悲惨でした。

 

ガンガジ   そうですね。

 

愛の代償ですね。

 

でもあなたが、

愛に、ありのまま、

むき 出しのままでいれば、

 

得ることで失い、

失うことで、得ます。

 

そのときあなたは、

ご自分で何かをコントロールしているのではありません。

 

質問者    もう大丈夫かな。

やっていけます。

 

ガンガジ   やっていけるでしょう。

とても自由に、何も期待せずに。

 

そうなったときあなたの人生は、本当の意味で、実験となります。

 

質問者    楽しみになってきました。

 

ガンガジ   (うなずく)   

 

質問者   姉が教師でした。

あなたが話してくださったことを姉が教えてくれたのです。

 

ガンガジ   そうですよ。

私が彼女だと、申し上げたでしょ?

 

(笑い)

 

たったいま、あなたを私たちに捧げてご覧なさい。

あなたのお姉さんにすべてをあげてきたように。

 

私たちは、誰もが、もう、二度と会う事が無いかもしれないのです。

一期一会という言葉がありますね。

出会いの瞬間にあなたのすべてを差し出すのです。

 

名前を知らなくても、

どこに住んでいるかを知らなくても、

いい人なのか、悪い人なのかも知らなくても、

あなたを開き、差し出してご覧なさい。

 

その結果がどうなるかなど、知る必要もありません。

 

質問者   ありがとうございます。

 

ガンガジ   (しばらく目をつぶり、沈黙。)

 

(目を開け)

 

私たちは、心を閉じ、体験を閉じてしまいます。

ああ、これが自分の人生なのだ、

私はこんなふうなのだ、と、

決めつけてしまいます。

 

でも心を開いてみたなら、どれだけの可能性がある事でしょう。

あなたの物語は終わった訳ではありません。

続行中です。

 

この地球にも、人類にも、これからどのようなことが起きるか、誰にもわかりませんね。

 

キリストやブッダの影響が最終的にはどのようにあらわれているのか、

師と呼ばれてきた方々の影響がどう表れているかなど、

誰にもわかりません。

 

知る由もありません。

結果を知るには早すぎます。

 

実験は、続行中なのです。

 

そのことに意識的でいてください。

ものごとの結果が、

こうであった、とか、

こうであるべきだ、

と決めつけずに、

 

なにもわからない、というままに、生きてご覧なさい。

 

そのために私たちは出会うのです。

常に、初めてのように出会うのです。

 

以前と同じという事など、ありません。

 

 


 comments(2) trackbacks(0)
Comment








りょうこさん

ガンガジの対話をブログで紹介なさりたいとのこと、
お尋ねくださりありがとうございます。
どうぞ、そうなさってください。

ガンガジの対話、すてきな対話がたくさんありますね。

Love,
はるか
from. はるか | 2011/01/16 09:45 |
はるかさん、
はじめまして。

いつも素晴らしい対話をアップしていただいてありがとうございます。
日本では「ダイヤモンド〜」も絶版になってしまっているし、とても貴重な発信源ですね!!

私のブログで紹介させていただいてもよろしいですか?
ツイッターではすでにつぶやいたりしましたが。

今後も記事を楽しみにしています。
from. りょうこ | 2011/01/14 20:32 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/59
<< NEW | TOP | OLD>>