進むべきステージなどはあるのでしょうか | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
進むべきステージなどはあるのでしょうか


ご質問をいただきました。




ガンガジのメッセージをご紹介する上で大切な内容だと思いました。

(タイトル 選択の瞬間に気づきますか。小倉太郎さんのコメントをご覧ください)

 


>実際のところガンガジのセミナーに関しては、その料金等はどうなっているのでしょう?

>やはり「進むべきステージ」等があったりするのでしょうか?

>はじめてのコメントでぶしつけな質問、申し訳ありません。

 



ガンガジが次のようにおっしゃっています。

 



『真理は、いかなる概念からも、いかなる制限からも自由です。どのような制度や事柄からも自由です。

 

段階やランク付け、クリアしなければならないステージ、進むべきステージといったものとはまったく無関係です。


そのようなものがここにあるのなら、それを自由と呼べるでしょうか?

それを真理と呼べるでしょうか?』(ガンガジ)


真実の私に気づく為にグルの祝福や特別な修行が必要なのでしょうか?

という質問には、



『どのようなことがきっかけであなたがご自分自身に気づかれるかはわかりませんが、真実のご自分自身に気づくために、特別な何かは必要ではありません。

真実は、あらゆる制限から一切自由です。』


と答えておられます。



『何故私が壇上にいるのかと思われるかもしれません。いわば芝居のセッティングのようなものでしょう。あっても無くてもまったくかわりはありません。

この会場には、私に何度も会っている方々がおられ、また初めての方々もおられます。けれどもここには、いかなる上下関係もありません。


ガンガジという名前をいただきましたが、これも芝居を楽しむ為のセッティングです。ガンガジという名前は単なる名前で、真実の私は、ガンガジではありません。もちろんそのことはわかっているよね。と、名前をくださったときにパパジはおっしゃいました。


皆様が私を先生とお思いになるのならそれはそれでかまいませんが、実際には私は、ただ、私が体験したことをこうして皆様にお話し、対話している、それだけです。


私が行っているのはセミナーではありません。私は皆様に何かをお教えしているのではありません。私たちは集い、対話をし、お互いに与え、お互いに得るという同じ関係です。

私は皆様と対話することにより、多くを与えていただいています。』(ガンガジ)




このような言葉からもわかりますように、

ガンガジは、彼女との出会いの中で、私たちが新たな概念を作り上げないように、

常に注意を払っておられます。

 

彼女を特別扱いしようとなさる質問者の態度や言動を、

とても丁寧にご辞退なさるガンガジの姿を何度も拝見しています。


ガンガジと一緒にいていつも感じるのは、

ガンガジは彼女が話しておられる真理そのもの、だということです。

 



では、ガンガジの活動について詳しく書きますね。

 



彼女の活動は、数人のガンガジファンデーションのメンバーと、

世界中のボランティアによってサポートされています。

 

集いも、刑務所のプログラムも、ほとんどすべてがボランティアによって開催、運営されています。

 

刑務所のプログラムとは、ガンガジのDVDや著書をアメリカ全土の刑務所に届ける活動です。ガンガジとの対話の集いが刑務所内で開催されることもあります。

最も重い刑を受けた人々が暮らしている刑務所でも、これまで多くの受刑者が真理に触れ、真実の自分自身に気づく幸運に恵まれています。

 

集いに参加したくても経済的な理由で参加ができない方には、奨学金制度があります。参加費の全額、または一部をガンガジファンデーションが代わりに負担するという制度です。

ガンガジの活動、寄付、著書やDVDの売り上げが奨学金制度に用いられています。

 

どのような境遇にあっても真理を探究したいという、強い意志や熱意のある方々をサポートしたいとガンガジがおっしゃっています。

 



ガンガジのリトリートや集いの参加費は大体以下のとおりです。

英語の集いの参加費です。(通訳なし)

どうぞご参考になさってください。

 

オープン ミーティング (予約なしに誰でも参加できる集い) $20以上の寄付

 

電話ミーティング  (電話やスカイプを利用した集い) $28


3日間の通いのウイークエンド集会    $300 前後

 

5泊の宿泊リトリート(修養会)    $500  前後

 

リトリートの宿泊費は上記の参加費に含まれていません。

5月におこなわれたフォーレン リーフ レイクでの沈黙のリトリートは、

5泊分のホテル代が、一日3食込みで$800$1600(部屋タイプにより参加者が選択)

ホテル敷地内のキャンプ場は、食事込みで$500  食事なし$180でした。

食事はベジタリアン、非ベジタリアン、どのような方々も満足できるようなビュッフェです。


ガンガジの集いは、普通、午前と午後に約一時間半ずつ、ガンガジとの対話の時間が設けられています。

その他の時間は、基本的には参加者はそれぞれが自分と向き合いながら静かに過ごす時間です。泊まりがけのリトリートではビデオ会なども企画されますが、参加は全く自由です。

 

集いは静かな環境を選んで行われます。

五月に行われたリトリートは、山奥の湖畔にあるホテルでの開催でしたが、ガンガジとの対話の時間以外は、参加者は山をハイキングしたり、カヌーをこいだり、湖畔に座って静かに過ごしたりと、思い思いに過ごしていました。

 

泊まりがけのリトリートの場合は、小グループのセッションがあり参加者のすべてがガンガジと直接お話ができるような時間も設けられています。


個人だけを対象にした対話はおこなわれていません。




『対話をお読みになればお気づきになるでしょうが、どの対話もすべてがあなたの一側面です。

自己検証のお役に立つように、すべての対話を録音し皆様がご覧になれるように提供しています。』(ガンガジ)




翻訳が皆様のお役に立ちますように。。。

All love,


はるか



 

 

 

 




ガンガジプロフィール comments(10) trackbacks(0)
Comment








デルフィニウムさん

ご質問いただいていた、選択についてガンガジが語っている対話を
いくつか探して訳しました。
順次掲載いたしますのでご参考になさってみてください。

以前いただいたコメントに、アドレスをお書きでしたので、
デルフィニウムさんに直接メールをお送りいたしましたが戻ってきてしまいました。

いかがお過ごしでしょうか。
小さなお嬢様はお元気ですか?

Love,
はるか




from. はるか | 2011/07/22 15:43 |
小倉太郎さんからいただいた、
『選択の瞬間に気づきますか』へのコメントが、
承認待ちになってしまっていたことに、たった今気づきました。

ミステイクです。ごめんなさい。

直しました。

小倉太郎さん大変失礼いたしました。

たくさんの愛と感謝の中で
はるか
from. はるか | 2011/06/25 12:32 |
はるかさん

いつも本当にガンガジさんの言葉に救われてます。
また、先日のはるかさんのコメントを拝読し、感銘を受け私も開き問い続けております。
そして先日私は空気そのものなのに意識だけがただここにあるという不思議な体験をしました。

お馴染みの物語は私を苦しめますが、長く楽しまなくなってきました。
本当に嬉しいです。ありがとぅございます。

はるかさん、私は今迷いの直中にいます。
迷いの中に入るとき、苦しみの物語が始まります。5年も答えが出せませんでした。
今答えを出す時がやってきたと確信してます。人生の岐路にありますが、答えを出すのを「止める」ことができないのですが、ガンガジさんは迷いについての対話もされているのでしょうか?
はるかさんは長い暗闇から自分を信頼する選択をされたことがおありですか?
不躾な質問をお許しください。今後も心待ちにしております。
from. デルフィニウム | 2011/06/23 16:11 |
ぷりさん

コメントをお送りくださりどうもありがとうございます。

とてもうれしく拝見いたしました。
拙訳を気に入ってくださり大変幸いです。

どうぞぷりさんのブログにご紹介してください。

こちらこそ、深く感謝いたします。

Love、
はるか





from. はるか | 2011/06/23 13:35 |
はるかさん、はじめまして!

一昨日はるかさんのブログを発見して、ずっと遡って
拝見しています。

ガンガジのメッセージはYoutubeで拝見していましたが、
はるかさんの翻訳は本当に素晴らしいです!!

本当にありがとうございます。

わたしもブログでぜひ紹介させて下さいませ。

これからも楽しみに拝見させて頂きますね。


from. ぷり♪ | 2011/06/22 13:49 |
はるかさん、こんにちは^^

少々「失礼かな?」と思いながらの質問であったにも拘らず、丁寧なご返事を掲載していただき、心から感謝いたします。

勇気を出して伺ってよかったです。ありがとうございます。


最近、結局私たちの営みのほとんどは「自己確認のための営み」なのかもしれないなと、感じることがあります。

何かを達成することで「それを達成できる自分」を確認しようとしたり

誰かを愛し、愛されることで「愛し、愛される自分」を確認しようとしたり

何か欲しいものを手に入れることで「欲しいものを手に入れることのできる自分」を確認しようとしたり。

ホントはモノが欲しいんじゃなくて、それを手にする「自分」を実感したがっているのかもしれません。

だからどんなにモノを集めても、また新たなモノが欲しくなる。

なぜなら本当に実感したいのは、「モノ」ではなく「自分」自身だから。

でも、そんな「自分」は確認や実感の対象にはならなくて。

(本当は”実感できない”という形で実感できているのですが、つい、他所を探しちゃいがちで)

欲望って、「実感できない”自分”を実感しようとする永遠のあがき」「あこがれ」みたいなものなのかなって感じることがあります。

何だか切なかわいいですね。


これからもはるかさんの活動、応援しています。
from. 小倉太郎 | 2011/06/20 16:33 |
倍バインさん

訳がお役に立ち、とてもうれしいです。
いつもコメントをありがとうございます。

通訳を雇っての英語の集いへの参加は難しいのではないかと思います。
たくさんの参加者が限られた時間の中で、ガンガジとの対話を希望されるからです

それから、ガンガジの著書の発売予定は今のところありませんが、
秋頃に、DVDが発売されます。
お知らせはメインページに書きますね。

Love,
はるか

from. はるか | 2011/06/20 14:28 |
RIE-rieさん

訳がお役に立ちとても嬉しいです。
コメントをお送りくださり、どうもありがとうございます。
こちらこそ感謝しております。

Love love love,
はるか
from. はるか | 2011/06/20 14:17 |
はるかさん

いつも、本当にありがとうございます。
ガンガジが語ってくださる、彼女の体験から伝えられることばは、どれもわたしの内側に静けさをもたらしてくれます。


英語がほとんどわからないわたしにとっては、
はるかさんのこの翻訳は、すばらしい贈りものです。
感謝しています。
from. RIE-rie | 2011/06/20 00:06 |
はるかさん こんにちは

いつも素敵な記事をありがとうございます。
私はまったく英語ができませんが、通訳を雇って参加することは可能なのでしょうか?
すると仮にガンガジさんと対話ができるとしても、通訳の時間をとってしまうことになりますが、そのために周りから顰蹙を買うとことにはならないでしょうか?

はるかさんのおかげで日本語で貴重な対話記録が読めます。
ありがとうございます
あとガンガジさんの本は日本で発売される予定はないのでしょうか?
from. 倍バイン | 2011/06/19 19:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/77
<< NEW | TOP | OLD>>