やめる | ガンガジとの対話
ガンガジが世界各地で様々な人々と行っている対話をご紹介します
やめる

 

(この対話は、

タイトル/正しい選択はどうすればできるのでしょうか? の後半です)



ガンガジ    あなたのご質問をもう少し具体的にしていただけますか?

 

あなたという形態において、

どのような人生の選択のことをお尋ねになっているのでしょうか?

 

質問者   毎日の生活の中での選択なのですけれど、

 

ええと、、、

 

あれこれとたくさんの選択があり、私たちはその中で選択をしていますよね。

たとえば、

瞑想をする時間、テレビを観る時間というように。

 

さあ、そろそろ瞑想をする時間だぞと、、、、

 

ガンガジ   だけど、テレビがみたいと。

 

(笑い)

 

しなくてはならないこと、対、したいこと。という訳ですね。

瞑想はきっとためになるけれど、テレビの方が面白いし、

 

質問者    ええと、、、

 

瞑想がいつも退屈な訳ではないです。

たまに、とても静かな境地が得られることもあります。

 

ガンガジ   それは素晴らしいですね。

 

質問者    ええ。

 

ガンガジ   ではもっと瞑想なされば良いのではありませんか?

 

(爆笑)

 

質問者    (うなずきながら)

ええ、それはそうなんですけれどね。

 

ガンガジ   そうなさりたいときはそうなされば良いのです。

 

質問者    おっしゃる通りです。

 

。。。

 

この例は良くないな。

何か他の例はないかなあ。

 

(笑い)

 

ガンガジ    あなたがおっしゃっているような選択は、

人生の選択のようには見えません。

小蠅がやってきては飛び去っていくようなものです。

 

質問者     そうですね。

 

ガンガジ    それなら追っ払ってもいいですし、

それとも飛び回るままにほっておいてもいいのではありませんか?

どちらに決めようが、たいしたことはありません。

 

深いところからイエスかノーかというような、大事な瞬間という訳ではありません。

表面的な、イエス、ノーです。

お好きなようになさればいいでしょう。

 

私がお話ししていたのはそのような表面的なことではありません。

 

質問者    。。。

 

じゃあ、私が例えば常にテレビを観る選択をしたとしても?

 

ガンガジ    

かまわないのではありませんか?

そのようなことはどうでもいいことではありませんか?

 

毎日ホットドッグを食べていたってかまわないのです。

 

(爆笑)

 

質問者    僕はベジタリアンじゃないですし。

 

ガンガジ   じゃあ、まったく問題なしですね。

 

(爆笑)

 

思考は、

 

正しい選択をし、

これをやっていれば、きっとあれとあれが手に入るぞ。

という具合に先走りをします。

 

もしあなたが、毎度正しい選択をし続けていたとしたら、

いったい何が手に入るのでしょう?

 

質問者    ええと、、、、

 

テレビか、瞑想かという選択で言うなら、

もし瞑想ではなくテレビを選択してしまえば、私はあまり良い気分ではないだろうと思います。

そして瞑想を選択すればきっと、とても満足だと考えるだろうと思います。

 

ガンガジ    その満足感は、どちらも一時的なものではないですか?

 

質問者     ???

ええ。その通りです。

 

ガンガジ    あなたは、一時的な満足ではない、

“何か” が欲しいでしょうか?

 

質問者    。。。。

 

ええ。

 

ガンガジ    少し躊躇なさっていますね。

 

質問者     。。。

いえいえ。

 

ええと、、、、

はっきりしています。私は一過性でない何かを望んでいます。

 

ガンガジ   本当ですか?

 

質問者    ええ。

確かです。

 

ガンガジ   それでは、

あなたがテレビを見ているときも、瞑想をなさっているときにも、

変わらずにここに存在している それ“ を発見なさってください。

“それ” があなたの真我であることに気づいてください。

 

私がいつも提案していることです。

よし!  と言って、向き合おう、という私の提案はそのような意味です。

 

質問者    。。。

 

(うなずきながら)

 

私の人生のあらゆる瞬間のいまここに、“不変の意識” が存在しているとおっしゃるのは、何となくわかる気がします。

私がテレビを見ていようが瞑想をしていようが関係なく。

 

でも、

テレビを見ているときよりも瞑想をしているときの方が、

私はそのことによく気づいているように感じるのですが。

 

ガンガジ   瞑想をしているときは、 “それ” がもっとたくさん存在しているのでしょうか?

 

質問者    ???

 

いいえ、そうではありません。

 

ガンガジ   ですから、どちらを選択しようと関係がありません。

 

あなたが、どちらを選択したら良いのだろうか、と考えておられるのは、

選択をすることによって欲しいものが得られると思うからでしょう?

テレビを観る楽しみだとか、瞑想で得られる境地だとか。

それなら選択すればよいではありませんか。ホットドックを選ぶようにね。

私たちは幸運なことに、誰もが自由に選択ができるのです。

 

ホットドックを毎日食べたり、一日中テレビを見ていれば、

当然身体の具合が悪くなるかもしれません。精神的にも感情的にも余り良くないなと、気づくかもしれません。

 

当然のことですから、

そのようなことは、いちいち考える必要もありませんね?

そうではありませんか?

 

いかがでしょうか?

 

 

質問者    ええ。

 

ガンガジ   一体、あなたのご質問は何でしょうか?

 

質問者    (苦笑)

 

そうですねえ。

いい例えが浮かばないです。

 

私の頭には、 一日に何度も、日常的にたくさんの疑問が浮かびます。

 

ガンガジ    たぶんそれは、ほとんどがあなたの頭の中の思考の活動です。

そのような疑問、思考のおしゃべりをいちいちとりあげて楽しむ必要はありません。

 

ホットドックを選択するか、それともしないか、

そのようなことは一瞬にして決めればよいことです。

わざわざそのことに関して思考をあれこれと巡らす必要はありません。

テレビも、瞑想も同様です。

頭の中で、ああなのか、こうなのかと議論する必要はありません。

 

あなたがご存知の通り、今ここに、変わらずに存在している “それ” があります。

注意を向けるのはそれです。

 

質問者   (しばらく沈黙)

 

ガンガジ   いかがでしょう?

 

質問者    。。。。

 

少し混乱しています。

 

ガンガジ   混乱は思考の一つの状態です。

わからない、というのと同じです。

 

大変よいサインです。

 

(ガンガジ、両手を広げ)

 

混乱したままでいてください。

思考を働かせてわかろうとせずに、わからないままでいてください。

 

内側での議論をおやめなさい。

 

質問者    あなたがおっしゃることは理解できますが。

 

ガンガジ   それは良かったわ。

 

質問者    ええと。

 

やっぱり疑問がわくのですが。。。

 

(笑い)

 

私の真我に常に注意を向けるようにとおっしゃっているのですよね。

常に、どのようなときも。

 

ガンガジ   やってご覧になったらいかがでしょう?

 

やってご覧になってはいかがでしょう? とりあえず実験的に。

 

やってご覧になったときにはじめて直接的に体験なさるでしょう。

 

本当に欲しいものが何なのを直接的に知ったうえで、

それでも頭の中の議論に戻りたいのならば、

そのような選択をなさるでしょう。

 

質問者    どちらがよいかは、もうすでにわかっています。

 

ガンガジ   体験なさった時はじめて確かになるでしょう。

生きた体験としてです。

 

思考の議論を悪者にしている訳ではありませんよ。

役に立つ場合があります。役割があります。

 

けれども、私たちの思考には、

答えを探し求め、何度も何度も、あれこれと議論したがる傾向があるのです。

 

ただ単純に、やめてご覧になることです。

 

質問者    (黙ってうなずく)

 

どうもありがとうございます。

 

ガンガジ    こちらこそ、どうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択 comments(9) trackbacks(0)
Comment








はるかさん
お返事ありがとうございます
早速やってみました
感謝などの気持ちはでてこなかったけど、一瞬シンと静まりました
一時的に頭がスッキリしたり、心が楽になるけどすぐもとに戻っちゃいます
続けていくと心が訓練されるのかな?それともまだ物語を語ってるのかな?あっという間に思考と感情のお決まりパターンにハマってます
『人間だから感情や思考を感じ続ける』とみたとき、ガッカリする自分に気づきました
あたしのゴールや希望が崩れた感じです
だけどかなり身近になりました
from. ごまだぬき | 2011/08/10 08:56 |
はるかさん お返事ありがとうございました!!

はるかさんの話は具体的でとても助かります。
嬉しくなりました!!

>私のことばには何か裏があるに違いないと、信じない方々が多く、

この言葉を読んだ時に、私もそう考えていたことがわかりました。
「なんだかんだいっても、簡単そうに聞こえるのはみんなの希望を引き出すためであり、実際にはできる人は少ないのだ」
「そんな簡単ならば、みんな既に発見しているだろう。きっと何か条件があるに違いない」
「私のようなダメ人間にそんなたいそうなものが発見できるわけがない」
このように思っていたことがわかりました。
このような先入観にも浸らないようにします。

from. 倍バイン | 2011/08/03 16:25 |
RIE-rieさん

素敵なご報告をしてくださり、どうもありがとうございます。
とても嬉しいです!

>>内側が静かになり、深いところから感謝が湧いてくる


”真実のあなた”  の体験ですね。

あなたの置かれた環境や状況、あなたの感情や思考が,たとえどれほど忙しくても、
一日に何度でも、
ふっと、

”真実のあなた” に注意を向けてご覧になってみてください。

そして内奥の静けさは、どこかにいってしまったのだろうかと、、、、
問いかけてご覧になってみてください。

何かを発見されたら、
また、ご報告をしてくださいね。

One love,
はるか
from. はるか | 2011/08/03 13:27 |
ごまだぬきさん 倍バインさん
コメントをありがとうございます。

ごまだぬきさんの、ご質問ですが、

>>はるかさんの場合は初めから毎日(過去や未来に行かず)目覚めていたのですか?

はじめてガンガジのDVDを聞いたのは5年前でしたが、
物語、というガンガジの表現にはじめて触れ、
いかに『私』が、物語に夢中になって過ごしているかに気づきました。

今この瞬間だけでよいから、止めて、ご覧なさい。とおっしゃるガンガジの言葉を聞き、
この瞬間だけでもいいのならできるかなと思いました。
でも、できるかなと考えているのと、やってみたのでは大違いでした。

実際やってみると、
えっ?? っと驚く程単純に、
ここに安息があるのを瞬時に発見しました。

がんばるのを止めれば、簡単なのだということに気づきました。

ガンガジの的確な示唆がはるかには大きな助けになりました。対話をご紹介している所以です。はるかの体験もお役に立つこともあるかもしれないと、、、シェアーをしています。

発見する時期は様々でしょうが、
本当の自分自身と出会うことは、誰にも備わっている権利です。

体験をして気づきましたが、
ガンガジが今この瞬間だけとおっしゃるのは当然なのです。
実際には、今この瞬間しか存在しません。

今この瞬間に、広大無限で、豊穣な、“何もない空間” へのドアがあります。
真実の自分自身を発見するのに、一瞬以上の時間はかかりません。
ほんとうです。。。

ずっといつもやめていたい、という思考が、物事を重く複雑にしています。
いつの間にか思考にふけっていたなら、それはまったくOK。
そのことに気づいたとき、その都度、一瞬止めてご覧になるだけです。


コメント2に続きます。

from. はるか | 2011/08/03 13:25 |
コメント2

倍バインさんのご質問

>>何度か繰り返してもよくわかりませんね。
長い練習が必要なのでしょうか?

わからないというのはとても素敵なサイン!
頭が真っ白で、
????????という状態は、思考が一瞬、止まった状態です。

>>頓珍漢なことをしているのかな?

わかろうとしないことです。

思考は習慣的に理解しようとして、

??????

のあと、すぐに、

長い練習が必要なのかな?
ちゃんとやっているのかなあ?

というように、次の質問を作りたがりますが、
あえて逆らい、

『わからない!』

そこで、とまる。

思考をどこにもさまよわせず、
止まる。

いったいいつになったら、どれくらいの期間で、どのようなことが起きるのでしょうか?

わからない。

結果を、起こるままにまかせる。
それが、

ガンガジがおっしゃる、
『待って、見守る。』
です。

ある特定の結果を想像し、望んでいるのは一体 “誰” でしょう?

『私』は全然ダメ。
限られた人にだけ与えられた特権かな、と、
考えているのは、一体 “誰” でしょう?

練習が必要だと考えるのは、
ゴールを想定しておられませんか?

ゴールを想像したり、期間を設定しているのは一体 “誰” でしょう?

機会あるごとに、今こんなことを考えているのは、“誰”だろう?
今、こんなことを感じているのは “誰”だろう?
と、ご自分に問いかけてご覧になるのも役立つかもしれません。

“あなたが、あなただと信じている者” を作り上げている様々な概念にお気づきになると思います。きっともうお気づきでしょう。

はるかの場合は、 自分だと信じきっていたものは、概念の集合体でしかないことに気づき、はるかを構成している考えや信念をひとつひとつ調べていったら、
『私』が、崩れてしまいました。

“何も無い” ということに気づきました。

そして、

私が無くなっても、存在している 揺るぎない“空間” が、ここにあることに気づきました。

当然同時に、『あなた』や『彼』や『彼女』も、
一過性の姿だと気づきました。
『あなた』や『彼』や『彼女』という形や意見や感情も、同様に、
同じ “空間” の中に、現れては消えている、幻であることに気づきました。

もちろん、その後も考えたり感じたりする『私』があります。
身体がある限り、悲しみや怒りを感じたり、イライラしたり、ドキドキしたり、緊張したり、嬉しかったり、がっかりしたりという人間の感情が消えることはない。それが人間でいること。とガンガジがおっしゃるとおりです。

でも、『私』も『彼』も『彼女』も、まったく信じるに足りぬと、いったん気づいてしまうと、形はパワーを失っていきます。
パワーが盛り返したように感じることがあっても、
“それ” の中に、現れては消えていく一時の現象です。


ガンガジの対話も、はるかのコメントも全部お忘れになってください。

白紙になり、

未来にも、過去にも注意向けることを止め、

たったいまこの一瞬だけ、止まってごらんになると、
どのようなことにお気づきになるでしょう?

なにか発見をなさったらご報告くださいね。


コメント3に続きます

from. はるか | 2011/08/03 13:24 |
コメント3

ガンガジの言葉を書き添えますね。

『一番大きな問題は、
あなたが、一生懸命やってみようとなさっていることです。
一生懸命に試みられると、結び目は固くなります。
ゴールがあり、何かを手に入れよう、 そして何故、手に入らないのだろうという
という緊張のエネルギーが生じます。
ですから、何度も繰り返して皆さんに、
一生懸命試みてご覧になるのを、止めなさいと申し上げているのです。

私のことばには何か裏があるに違いないと、信じない方々が多く、
そして今度は、一生懸命にならないようにと懸命になっておられます。(笑い)

信じがたいことですが、
あなたが欲しい“それ”は、もう既にここに、
あなたに何よりも近いところに存在しています。
欲しいが故に、これまでたくさんのことをなさり、そして今もなさっているでしょう。
でも、 もう一度申し上げましょう。

何もしないでください。

ただ、STOP! 
止めてください。

私がお話ししたことを理解したい、覚えていたい、
という気持ちが起きたなら、手放してください。
何も必要ありません。

私が指摘している “それ”は、もう既にあなたのもとに存在しています。
ですから、私の話を理解する必要も覚えている必要もありません。

私は、
既にあなたである “それ” のことをお話ししています。
それから逃げよう、それを得よう、それになろう、それでいよう、というあらゆる努力は気づきを遮断してしまいます。

ご自身で確かめるしかありません。

そして確かめる方法はただ一つ、それを得る為にあなたがなさっていることを
やめる ことです。』(ガンガジ)


All love,
はるか

from. はるか | 2011/08/03 13:21 |
はじめまして

素晴らしいブログですね。
ブログやはるかさんのコメントを見て、あたしも目覚めて生きよう!と覚悟し「止める」そして自問しますが、午後には思考にふけって戻ってしまうのです。
個人差はあるにしろ、はるかさんの場合は始めから毎日(過去や未来にいかず)目覚めてらしたのですか?
どのくらいの期間で、全てが1つで愛しい感覚を得られたのですか?
選択の瞬間でも、目覚めた方の対話がありましたが憧れます。
あたしも日常の浮き沈みを手放し、本当の自分で生きる決心をしましたが、思考で生きる習慣を手放すって大変なことなんですね。
from. ごまだぬき | 2011/07/28 08:26 |

はるかさん

いつも、ありがとうございます。
記事を読ませていただく度に、
内側が静かになり、
深いところから、
『感謝』がわいてきます。
from. RIE‐rie | 2011/07/27 07:05 |
はるかさん 更新ありがとうございます
今日の記事にはとても興味をそそられます。

>あなたがご存知の通り、今ここに、変わらずに存在している “それ” があります。
注意を向けるのはそれです。

>やってご覧になってはいかがでしょう? とりあえず実験的に。
やってご覧になったときにはじめて直接的に体験なさるでしょう。

一瞬思考を止めればよいとのことですが、何度か繰り返してみましたが、よくわかりませんね。
こういうのも長い練習が必要なものなのでしょうか?
練習は意志を使いますので、思考を使用していることになるのでしょうか?
なにか頓珍漢なことをしているのかな?
from. 倍バイン | 2011/07/26 15:23 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gangaji.jugem.jp/trackback/85
<< NEW | TOP | OLD>>